足とむくみの関係

接客業や立ち仕事、デスクワークで一日中座りっぱなしの状態が続いてしまうと、下半身の浮腫みが気になって経験があると思います。
履いていた靴やヒール、ブーツなどがきつくなってしまったり、履いているズボンやスカートが一時的にきつくなってしまうこともあると思います。
浮腫みは足のふくらはぎと関係があり、人の身体は常に心臓より絶えることなく血液が送られ続けています。
身体の組織や細胞に血液を通じて酸素あるいは栄養分を送り届けると、不要になった老廃物や二酸化炭素または血中に溜まった余分な水分を回収して、リンパや静脈を使って心臓に戻ってきます。
この仕組みを行うために足に流れた血液を回収するには重力に逆らうことになるので、足のふくらはぎがポンプの役割を果たし、血液が循環しやすくしてくれています。
下半身には7割近い血液が集まっているため、下半身の血液を心臓に戻すために重要な役割を果たしているのが足のふくらはぎであり、ポンプの働きを促すためには筋肉の伸び縮みが必要になります。
なので同じ態勢、姿勢を続けることは浮腫みの原因となってしまっています。
他にも冷え症のために血液の循環が悪くなっている場合や、塩分の摂りすぎによって浮腫みが起こっていることがあります。
むくみ改善には、ラシックスという体内の余分な水分を排泄してくれる薬があります。
ラシックスとは、強力なループ利尿剤であり、有効成分フロセミドの働きによって、肝臓に作用することで、水分と塩分が体内に再吸収されることを防ぎ、尿量を増加させてくれ利尿効果を得る事ができます。
利尿効果によって、むくみ改善以外にも血圧を下げる効果もあります。
一時的に尿量を増やすので副作用の中には多尿や口の渇き、脱力感、倦怠感やめまい、頭痛が起こる事もあります。
薬を使った方法以外にも日常生活の改善によって浮腫みを防止することもでき、適度な運動やストレッチやトレーニングによって汗をかくことで代謝が上がり、不要な水分を排泄させることができるようになります。